バングラデシュ農業大学とAutumn Short Course on Animal Science in Shinshu, 2016を実施しました

グローバルトピックス

「国際農学概論」でのプレゼンテーション
「国際農学概論」でのプレゼンテーション
長谷村フィールドワーク
長谷村フィールドワーク
農場実習で山ブドウの収穫
農場実習で山ブドウの収穫
農業現場を視察
農業現場を視察
修了式の様子
修了式の様子

 農学部の第4回協定校学生受入プログラムとして、学部間協定校であるバングラデシュ農業大学(BAU)から学生3名を招き、2016年11月7日~11月17日の日程でAutumn Short Course on Animal Science in Shinshu, 2016を実施しました。
 この間、BAUの学生は農学部生とともに授業や農場実習を受講し、さらに研究室でのゼミや実験を体験することによって、新たな知識・技術を習得しました。また、農学部2年生向けの授業「国際農学概論」では、バングラデシュの文化、宗教および畜産業についてプレゼンテーションを行い、その後、農学部生との活発な質疑応答を行うことによって相互理解を深めました。
 伊那市長谷村でのフィールドワークでは、農村開発学研究室の学生と農家民泊を活用した農村実習を実施しました。両学生がともに、農村地域の農業現場を視察しながら自然を体感し、農家の家に宿泊しながら対話の中で多くの質問を行い、日本の農村の魅力と課題について理解を深めました。
 授業、実習以外ではEnglish Salon、エクスカーションなどを通して農学部生と交流を深めることができました。

〈これまでに実施した協定校受入プログラム〉
第3回 インドネシア・ジャンビ大学とSummer Study Program on Agriculture and Agro-industry in Japanを開催しました

第2回 東南アジア圏におけるボーダーレス畜産学教育プログラムが実施されました

第1回 インドネシア・ジャンビ大学から留学生を招へいし、グローバル人材養成プログラムを実施しました

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a