総合工学系研究科 生物・食料科学専攻の千賀 匠悟さんが 日本生化学会中部支部奨励賞を受賞しました

トピックス

平成28年5月21日、三重大学で開催された第80回日本生化学会中部支部例会において、総合工学系研究科 生物・食料科学専攻の千賀 匠悟さん(博士課程1年) が、「日本生化学会中部支部奨励賞」を受賞しました。

大腸癌、乳癌及び前立腺癌などの癌促進遺伝子として同定されたFABP5が、核内受容体ERRαシグナルを介して癌細胞のエネルギー代謝系や細胞増殖の制御に関与することを明らかにしたもので、本研究成果は、癌細胞の増殖・転移に関与する脂肪酸シグナルネットワークの分子基盤の解明に繋がることが期待されます。

受賞演題は以下の通りです。
「FABP5-ERRαシグナルを介した新規代謝制御機構の解析」
○千賀匠悟1、川口耕一郎1、藤井博1,2(1総合工学系研究科、2先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a