鏡味裕教授が英国ロンドン大学で特別講演を行いました

トピックス

(独)日本学術振興会ロンドンセンター訪問の様子(鏡味教授(中央)、竹安センター長(左2二人目)、大萱副センター長(右二人目)、他センター関係者の皆さん)
(独)日本学術振興会ロンドンセンター訪問の様子(鏡味教授(中央)、竹安センター長(左2二人目)、大萱副センター長(右二人目)、他センター関係者の皆さん)
ロンドン大学での特別講演の様子
ロンドン大学での特別講演の様子
講演後ケンブリッジ大学国際交流担当(左)、Stern教授(中央)、鏡味教授(右)
講演後ケンブリッジ大学国際交流担当(左)、Stern教授(中央)、鏡味教授(右)
Stern教授の研究室にて指導生達と歓談
Stern教授の研究室にて指導生達と歓談
歴史と気品溢れる荘厳なロンドン大学キャンパス
歴史と気品溢れる荘厳なロンドン大学キャンパス

2015年11月9日、学術研究院農学系・鏡味裕教授が、英国ロンドン大学(University College London) 、及び、(独)日本学術振興会ロンドンセンター http://www.jsps.org/ との共同開催で"日本における生命科学研究の現状と研究支援制度"と題する特別講演を行いました。

以前より鏡味教授は、ロンドン大学のClaudio Stern教授と学問的交流があることから、同教授の招待によって本講演が実現しました。
Stern教授は、英国王立学士院会員、英国王立医科学協会会員、国際発生生物学会会長、等の要職を歴任する英国生命科学界の重鎮の一人です。
同講演会には、ロンドン大学関係者はもとより、ケンブリッジ大学関係者や在英日本人研究者も出席し、活発な研究討議が行われました。

また鏡味教授は、(独)日本学術振興会学術システム研究センタープログラムオフィサー https://www.jsps.go.jp/j-center/po.html を兼任していることから、講演後はStern教授の研究室(写真8)において、日英の生命科学研究の現状や研究の独創性、に関し意見交換をしました。

Stern教授と鏡味教授は、今後も研究交流を継続することを確認しました。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a