信州大学農学部環境講演会2015を開催します

トピックス

信州大学農学部環境委員会では、毎年1回環境講演会を開催しております。

本年度は、株式会社 サンクゼール 生命科学研究所 部長  河原誠一 氏をお招きし、下記のとおり開催いたしますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

◇信州大学農学部環境講演会2015

日時:平成27年12月11日(金)14:00~16:00

会場:信州大学農学部講義棟2階 11番講義室

講師:河原 誠一 氏

講演タイトル:ワイン用ブドウの搾汁残渣を利用した高付加価値製品への展開

講演概要:食品の残渣は年間1000万トン以上発生するという。加工食品を作る際に発生する残渣もその一つである。ワイン製造においてブドウの搾りかすが製造の特性上多く発生することからその有効利用に多様な可能性を感じ検討をしてきた。そこにガンの転移を抑制するという思わぬ効果が見出され、その生理活性メカニズムや活性分子を解明するため信州大学農学部、企業と共同研究を現在、進めている。さらにその活性分子は機器分析の情報からFlavan-3-ol類のOligomerであることがわかってきた。これらFlavan-3-ol類のOligomerは実はあまり研究が進んでいない。天然物化学の未開拓分野であり、しかも、生理活性があることは重要である。これらの天然物から得られた情報をもとに医薬品中間体、化粧品原料への展開について紹介する。

参加費:無料

申し込み:不要
※但し、団体でのご参加の方は事前にお知らせください。

お問い合わせ: 信州大学農学部環境ISO事務局
TEL:(0226)77-1505
メールアドレス: agri-eco@shinshu-u.ac.jp

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a