【応募を締め切りました】学術研究院農学系助手(機器分析化学)の公募について【応募締切:平成27年6月30日】

採用情報重要なお知らせ

このたび本学系では下記の要領で助手候補者を募集いたします。

【1.公募の趣旨・背景】

信州大学農学部に設置されている食料保健機能開発研究センターでは,機能性食料の研究開発や生命科学の研究に用いる大型機器の一元的管理を行い,効率的な利用を進めていいます。近年,地域のイメージを活用しつつ地域の農林水産物・食品の差別化を図り,その価値・評価を高めようとする地域ブランド創出の取組が活発になってきており,このような社会的要請に応え,安全安心な地域ブランド農産物の創製に資することも大学の重要な役割となっています。

このような背景の中で,このたび本学系では,「食料保健機能開発研究センターにおける大型機器の活用」に関する教育研究と産学連携の支援業務を担当することができる助手候補者を募集することといたしました。

【2.職名・人員】

助手・1名

【3.所属学系】

信州大学学術研究院 農学系

【4.主担当学部等】

農学部 農学生命科学科

【5.専門分野】

機器分析化学分野

【6.職務】

食料保健機能開発研究センターが保有する各種分析機器(高分解能核磁気共鳴装置,質量分析装置等)の保守管理・運用,食料保健機能開発及び地域認証に関する教育研究支援と研究推進補助ならびに共同研究,受託研究および受託分析等の技術相談のほか,科学技術教育,研修および技術指導,学術情報の収集と提供等の支援業務に従事していただきます。

【7.応募資格】

大型分析機器を用いた研究実績があり,社会活動に対して協調性をもって意欲的に取り組んで頂ける方。高分解能核磁気共鳴装置,質量分析装置の保守管理等の実績を有する方が望ましい。

【8.採用予定日】

平成27年10月1日

【9.待遇】

国立大学法人信州大学の規定による。任期3年(再雇用有り)

【10.提出書類】

応募書類様式をダウンロードし,以下の書類を応募締切日までに提出してください。

1)履 歴 書 (別紙様式1) 1通

Excelファイル:29.0KB

pdfファイル:44.5KB

2)業績調書 (別紙様式2) 1通

Wordファイル:39.5KB

pdfファイル:91.4KB

3)業績一覧 (別紙様式3) 1通

Excelファイル:33.5KB

pdfファイル:103.3KB

4)推薦書 (別紙様式4)2通(推薦者2名から各1通)

Wordファイル:31.0KB

pdfファイル:47.5KB

5)主な原著論文や総説等の別刷またはコピー 注1) 1式

注1)最終選考の段階では全ての業績の別刷またはコピーの提出を求めます。

6)実務実績書(様式任意) 1通

本公募において評価対象になると思われる具体的な大型機器の保守管理などの実績があれば,その概要を記載してください。

【11.応募締切】

平成27年6月30日必着

【12.選考方法】

選考の過程でプレゼンテーション及び面接を依頼します。

※信州大学は男女共同参画を推進しており,業績等(研究業績,教育業績,社会的貢献ほか)及び人物の評価において同等と認められた場合には女性を採用します。ただし,これは性別のみで優先的に採用することを認めるものではありません。

【13.書類提出先】

〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304

信州大学農学部総務グループ(庶務担当)宛

※封筒に「機器分析化学分野(助手)応募書類在中」と朱書の上,簡易書留で郵送してください。

※提出書類は返却いたしませんが,応募書類掲載の個人情報は採用選考以外の目的で使用することはありません。

【14.問合せ先】

信州大学農学部 真壁 秀文

電話:0265-77-1630 Fax:0265-72-5259

E-mail:makabeh★shinshu-u.ac.jp

(★を@に置き換えてください。)

【15.信州大学農学部のホームページのURL】

http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a