二之湯総務副大臣が農学部を訪問

トピックス

農学部長と歓談される二之湯総務副大臣1
農学部長と歓談される二之湯総務副大臣1
農学部長と歓談される二之湯総務副大臣2
農学部長と歓談される二之湯総務副大臣2
農学部長と握手を交わす二之湯総務副大臣
農学部長と握手を交わす二之湯総務副大臣
「車座ふるさとトーク」の会場に向かわれる 二之湯総務副大臣
「車座ふるさとトーク」の会場に向かわれる 二之湯総務副大臣

去る2月22日(日)に 二之湯 智 総務副大臣が農学部を訪問されました。

 

これは、生の声を政策に生かすため、大臣、副大臣、政務官が地域に赴き対話を行う「車座ふるさとトーク」の一環として、二之湯総務副大臣が「消防団を中核とした地域防災力の充実強化」をテーマとして南箕輪村を訪れることになり、これをきっかけとして、同村との連携協定を締結している農学部にも関心を持たれ、今般実現したものです。

 

出迎えた中村農学部長からは、農学部の学生による同村の消防団への参加活動や信州大学地域防災減災センターの設置構想に加え、伊那谷全体の活性化が図られるとともに、政府が推進する地方創生にも深く関連する「インターローカルイノベーション構想」について説明を行い、二之湯総務副大臣との談笑の中にも熱心な意見が交わされていました。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a