大学院総合工学系研究科の山本航平さんが日本菌学会第58回大会において学生発表優秀賞を受賞

トピックス

山本航平さん
山本航平さん

平成26年6月14日から15日にかけて石川県小松市(サイエンスヒルズこまつ)で開催された、日本菌学会第58回大会の研究発表において、信州大学大学院総合工学系研究科生物・食料科学専攻1年の山本航平さん(応用真菌学研究室)が、学生発表優秀賞を受賞しました。

受賞対象となった研究は、原始的なコケ植物であるコマチゴケの共生菌を明らかにしたもので、植物の陸上進出に関与した菌類を解明するうえで重要な知見を与えました。

 

受賞対象となった研究発表は以下の通りです。

「日本産コマチゴケ(Haplomitrium mnioides)の地下茎に内生する菌類の同定」

山本航平1、出川洋介2、山田明義1

1信州大学農学部、2筑波大学菅平

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a