慶應義塾大学SFCと信州大学農学部との交流会を開催しました

トピックス

交流会全体の様子
交流会全体の様子
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 一ノ瀬友博教授
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 一ノ瀬友博教授
信州大学農学部松島憲一准教授
信州大学農学部松島憲一准教授
信州大学農学部上原三知助教
信州大学農学部上原三知助教
進行役の信州大学農学部植木達人教授
進行役の信州大学農学部植木達人教授

平成24年に締結された慶應義塾大学総合政策学部、環境情報学部及び大学院政策・メディア研究科と農学部及び大学院農学研究科との連携協力協定に基づき、平成25年11月20日(水)午前10時から、信州大学農学部大会議室にて、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の一ノ瀬友博教授をお招きし、「地域貢献とフィールド研究の可能性 -遠隔地と地元からの地域支援とそのマネイジメント-」というテーマで、交流会を実施しました。

 

信州大学農学部松島憲一准教授により信大農援隊の活動、一ノ瀬教授により慶應義塾大学の東日本大震災の復興支援、信州大学農学部上原三知助教により福島の震災復興における大学と地域の課題とヒントについて、それぞれ活動報告があり、信州大学農学部AFC濱野センター長、信州大学農学部福山特任教授、一ノ瀬教授、松島准教授により、連携協力に関する今後の可能性と期待について総合討論しました。首都圏の大学として遠隔地から地域に関わってきた慶應義塾大学SFCの経験と、農学部における地元密着型の地域支援のあり方を対比し、双方から学べる視点の共有が行われました。

 

地域住民、地域の環境企業、飯田市の職員など多様な立場からもご参加いただき、御礼を申し上げます。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a