2013年日本造園学会中部支部大会で学生3名が受賞!!

トピックス

左から渡辺さん、金山さん、水田さん
左から渡辺さん、金山さん、水田さん

平成25年10月26日から27日にかけて名古屋産業大学で開催された日本造園学会中部支部大会の研究発表において、大学院総合工学系研究科山岳地域環境科学専攻1年の渡辺太一さん(緑地生態学研究室)が、2013年日本造園学会中部支部大会最優秀学生発表賞を受賞しました。

 

さらに、大学院農学研究科森林科学専攻1年の金山久徳さん(造園学研究室)が優秀学生発表賞を受賞しました。また、ポスター発表部門では、農学部森林科学科4年の水田佳佑さん(造園学研究室)が優秀学生発表賞を受賞するという快挙を成し遂げました。

 

受賞対象となった研究発表は以下のとおりです。

 

【最優秀学生発表賞】
「水田生態系における景観スケールでの群落分布特性からみた植物種多様性保全の検討」
渡辺太一・大窪久美子・大石善隆

 

【優秀学生発表賞】
「新興住宅地における景観育成住民協定に関する住民意識や締結地域の実態と継続の課題」
金山久徳・上原三知・佐々木邦博

 

【優秀学生発表賞(ポスター部門)】
「庭園における音楽の効果について」
水田佳佑・佐々木邦博・上原三知

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a