大学院農学研究科の大谷 元 教授の研究が日本食糧新聞に掲載されました

企業・団体の方へ

信州大学大学院農学研究科機能性食料開発学専攻の大谷 元 教授の研究成果が、平成24年3月16日付け日本食糧新聞に「エリンギを食べるとIgAが増加 信州大農学部・大谷教授チームが研究発表」として掲載されました。

 

日本食糧新聞 2012/03/16 日付 10633 号 06 面

 ※全文をご覧になりたい場合は、会員登録していただく必要があります。

(平成24年3月26日現在)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a