8月9日 ソバの播種支援に10人が参加

信州大学農学部栄村震災復興支援隊(農援隊)の活動報告

参加者10人
教員:松島
学生:食料生産(2年生2人、3年生1人)、応用生命(3年生6人)
同行者:山崎文直氏(南箕輪村村議)
現地応対者 小林幸宏(栄村役場産業建設課)ほか

 

作業は栄村役場、JA長野中央会、北信地方事務所(含 北信農業改良普及センター)、長野県農政部農業技術課の職員と共同で実施した。

 

作業の内容
青倉四廻りの被災水田でソバ播種支援を行った。作業は8日と同様。
なお、学生のうち6人は、栄役場小林氏のご厚意により津南町の温泉施設に連れて行ってもらい、さらに程久保地区の渡辺氏のご厚意により同氏所有のキャンプ施設に無料で宿泊させていただいた。


 参加学生の感想(活動報告書シートから抜粋)
【よかったこと】
・今日の作業は(も)効率良くできた。
・鍬の使い方に慣れた。

 

【改善すべきこと・気がついたこと】
・こまめに休憩。水分補給(熱中症対策)

 

【申送り事項】
なし

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a