5月3日の現地活動報告(育苗作業支援に6人)

信州大学農学部栄村震災復興支援隊(農援隊)の活動報告

参加者
教員2人(北原、三木)
学生4人:食料生産2年生1人、森林科学科3年生1人・4年生1人、応用生命科学科2年生1人

 

作業内容
前回に続き、6名全員が箕作地区の育苗作業(苗箱を苗代に並べ保温シートで二重に覆う苗伏せ)を手伝いました。
薄曇りでおおむね良好な気候条件で作業できました。
午後1時から開始し、3時半に作業は終了。
作業中や休憩時間には、農作業や被災の状況について教示頂きました。

 

参加学生の感想(活動報告書シートから抜粋)
【よかったこと】
 ・農家の人たちの役に立てたこと
【改善すべきこと・気がついたこと】
 ・農家の人ともっと交流すべきだった
 ・ネームプレートは安全ピンで付けるべき

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a