下里剛士助教が日本畜産学会奨励賞を受賞

トピックス

  賞状と記念メダルを手にする下里助教
  賞状と記念メダルを手にする下里助教

信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点(南箕輪キャンパス所属)の下里剛士助教が、このほど、日本畜産学会奨励賞を受賞しました。受賞題目は「微生物由来免疫刺激性オリゴヌクレオチドの新規構造と機能特性」です。

 

本研究では、Lactobacillus属、 Bifidobacterium属、Streptococcus属など多くの有用微生物の染色体ゲノム中に、免疫刺激性を有する配列を見出し、活性発現に関わるオリゴヌクレオチドの構造特性について新たな理論を提唱しました。今後、様々な疾病の予防や改善に寄与する新たな機能性食品・飼料素材の開発に繋がるものと期待されます。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a