3月3日(木) 伊那谷の林業を考える研究会

一般の方へ

私たち伊那谷の林業はどう変わっていくのか、変えていけばよいのか、伊那谷の林業を継続的に考える場として、第一回目の研究会が信州大学農学部を会場に開催されます。
今回は、スコットランドの林業・林産業、そして、日本の林業の現状を踏まえ、また、国の森林・林業再生プランや長野県森林づくり指針の見直しなどによる新たな林業の転換点に立って考えます。

参加は無料です。多くの方のご来場をお待ちしております。

 

          

                              記

 

 

【と き】 平成23年3月3日(木) 13:00~16:30

 

【ところ】 信州大学農学部 11番教室 (上伊那郡南箕輪村8304番地)  アクセス

 

【内容】 1 基調講演 

      「スコットランドの林業クラスターの現状」 
       マイケル・ノートン氏 (信州大学経営大学院イノベーション・マネジメント特任教授)            
                 

      「地域課題と林業の役割」
       赤堀 楠雄氏 (林材ライター) 
    

      2 各地域、大学、国における林業・林産業の取り組み事例紹介・報告
         <コーディネーター 植木達人 信州大学農学部教授>
       

【申込み】 下記まで電話・Eメールにて事前にお申込みください。  

 

【主催】 伊那谷流域林業活性化センター事務局  

         飯田市追手町2-678
                   電話  0265‐53‐0425
                   FAX   0265‐23‐3393

                  E-mail   hayashi-sadayoshi@pref.nagano.lg.jp

                                                 【注:@を半角に変換してお使い下さい】

 

【共催】 南信森林管理署、信州大学農学部、長野県林業総合センター
    

    

      ※ポスターは、 こちら(PDFファイル 268KB)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a