本文へスキップ

光制御化学研究室は、LEDを光源として、植物(ソバ)と菌類(キノコ)の光応答現象のメカニズムを研究しています。

農産物に含まれる機能性成分を光刺激を与えて蓄積する技術を目指しています

光制御化学研究室は、LEDを光源として、植物(ソバ)と菌類(キノコ)の光応答現象のメカニズムを研究しています。

TOPICS

  • 鳥インフルエンザ特効薬として知られるタミフルの製造原料には、芳香族アミノ酸の生合成中間体である「シキミ酸」が使われています。シキミ酸は、植物・微生物の代謝産物の一つですが、植物の「トウシキミ(中国が主要栽培地)」以外では、ほとんど生体内で蓄積されることはありません。当研究室では、食用キノコとしては、世界第2位の生産量である「ヒラタケ」の菌糸に青色光刺激を与えると、代謝経路が制御されて、暗所培養菌糸と比較して約200倍以上に蓄積量が増加することを発見し、国際特許を出願しました(2013年3月14日国際公開:WO2013/035473)。この技術を実用化して、タミフル製造原料の確保、新規医薬品や農薬等の開発合成原料として、世界中で利用いただけるように研究を進めています。さらに、ヒラタケを研究材料として、キノコの新たな機能性を見出し、キノコ栽培の新規光技術に繋がる学術的知見の獲得を目指しています。

NEWS新着情報

2015年3月5日
朝日新聞朝刊(全国版27面)科学欄に研究紹介記事が掲載されました。
「タミフルの原料、ヒラタケと青色LEDで」        
2015年2月28日
中日新聞朝刊(全国版35面)に研究紹介記事が掲載されました。
「ヒラタケに青色LEDで合成促進」「タミフル原料、供給に光」「信大チーム開発」        
2015年2月25日
テレビ信州「報道ゲンバ」午後6:15〜7:00
「キノコ菌系でタミフル原材料」
2015年2月25日
信濃毎日新聞朝刊に研究紹介記事が掲載されました。      
「ヒラタケに青色LED照射」「タミフル原材料 効率生産へ一歩」「信大教授ら、英紙に成果発表へ」「後発薬価格抑制に期待」
2015年1月28日
PCT出願特許「糸状菌から有用代謝産物を生産する方法(PCT/JP2012/070017 (2013); WO2013/035473)」の基盤となる学術論文が、Nature姉妹誌のScientific Reportsに掲載決定しました。2月27日から、以下のWEBサイトにて無料で公開されていますので、どなたでもご自由にご覧いただけます。 http://nature.com/scientificreports Subject: Microbiology
Regulation of Primary Metabolic Pathways in Oyster Mushroom Mycelia Induced by Blue Light Stimulation: Accumulation of Shikimic Acid

Masanobu KOJIMA, Ninako KIMURA & Ryuhei MIURA
Scientific Reports, 5, 8630; DOI: 10.1038/srep08630 (2015)
2014年3月18日
知的財産戦略ネットワーク(株)[IPSN:Intellectual Property Strategy Network, Inc.]の子会社であるライフサイエンス知財ファンド[LSIP: Life-Science Intellectual Property Platform Fund]と信州大学との連携によりPCT出願特許「糸状菌から有用代謝産物を生産する方法(PCT/JP2012/070017 (2013); WO2013/035473)」を、世界11か国へ出願することが決定しました。

出願国:日本・米国・加国・中国・英国・仏国・独国・伊国・西国・印国・韓国
2014年1月24日
JST外国特許出願支援制度により、PCT出願特許「糸状菌から有用代謝産物を生産する方法(PCT/JP2012/070017 (2013); WO2013/035473)」の米国出願が決定しました。
2013年7月19日
写真アルバムを更新しました。
2013年7月12-13日    
海外留学でお世話になった米国ノースウエスタン大学F. D. Lewis教授の定年退官シンポジウムが開催されました。
2013年6月18日
平成25年度JST知財活用促進ハイウェイ「大学特許価値向上支援」に申請研究課題が採択されました。                             
研究課題: 液体培養キノコ菌糸から有用物質を製造する方法の実用化を目指した高効率青色光照射法の試験研究  (研究期間:平成25年7月1日〜平成26年3月31日)   
2013年2月19日
信濃毎日新聞朝刊「色彩の自画像−信州(8)」に「キノコ菌糸と青の働き− タミフル原料 量産期待」の記事が掲載されました。
2013年2月8日
ホームページを完全リニューアルしました。
このページの先頭へ

信州大学農学部
応用生命科学科

〒399-4598
長野県上伊那郡南箕輪村8304

TEL 0265-77-1303(庶務係)
FAX 0265-77-1629(学科事務室)