信州大学 農学部  
     附属農場 動物生殖機能学研究室


研究分野

動物生殖機能学 動物の生殖機能の解析と生殖細胞生物学 家畜を中心とした動物生産技術の改善を目的に、具体的には繁殖効率の改善のための動物の生殖機能に関連するテーマについて実験を行い、研究を進めています。

研究室メンバー

濱野光市(教官)
川名陽子(大学院修士1年生), 姫野晃一(大学院修士1年生)
吉竹聡子(研究生)
小池摩知子(学部4年生) ,左居宗仁(学部4年生), 新田留美子(学部4年生)
小川杏奈(学部3年生),多胡善幸(学部3年生),中村加代子(学部3年生),渡辺みさと(学部3年生)

研究テーマ

1. 家畜精子の生理と保存および受精機構の解析
2. 動物の生殖細胞の発生と分化

研究テーマの説明

1. 家畜精子の生理と保存および受精機構の解析
  1)精子の評価:客観的で再現性が高く、人工授精後の受胎生と相関の高い精子評価法の検索
  2)精子の受精能獲得:体外、体内における精子の受精能獲得、先体反応、超活性化運動の解析
2. 動物の生殖細胞の発生と分化
  1)体外における精子形成:精巣内での生殖細胞とその他の細胞、ホルモンとの相互作用の解析