茎頂培養
【ウイルス病】
 果樹の苗木は、ほとんどが挿し木や接ぎ木などの栄養繁殖によって生産されるので、穂木や台木がウイルスに感染していると苗木がウイルスに汚染されることになります。

ナシ壊疽斑点病

ナシ萎縮病
 ウイルスフリーにするためには、@ウイルスがいない新梢先端の分裂組織(茎頂)を無菌的に培養する茎頂培養法、A比較的高い温度で生育させ伸びてくる新梢を繁殖に用いる熱処理法、B両者を併用する方法(下図)があります。また、茎頂培養を用いると、ウイルスフリー苗を短期間に大量に増やすことができます。
【組織培養を利用した苗木大量生産の過程】
【組織培養を利用した苗木大量生産の過程】

茎頂培養法によって育成したシュート(葉条)を
継代培養により大量に増やす

低い濃度のインドール酪酸
で発根させる

発根した幼苗を鉢上げし、
湿度を少しずつ下げて順化する

順化した葉苗を大きな鉢に植え、
苗木として育てる
戻る
COPYRIGHT(C) 2003- Lab. of Pomology, Dept. of Food Production Science, Fac. of Agricalture, Shinshu University All rights reserved.
このページは信州大学農学部果樹研究室が制作・管理しています
■ご意見・ご質問のメールはこちらへ