生態系リスクマネージメント部門

斎藤仁志
森林施業・経営学

部門概要

本部門は、安全・安心な農林業システムの構築に向け、最新のデジタル測量技術や衛星情報システムなどを駆使した生態系リスクの予測とマネジメント手法の開発をします。
また、正確な評価システムや次世代GISを開発し、土砂・水災害、生物多様性、野生動物及び土地利用のモニタリングやハザード予測に活用します。

研究テーマ

1)生態系モニタリング手法に関する教育研究

衛星情報やデジタル測量から得られる高解像度情報を活用し、生態系の変動を正確かつ効率的に収集する手法の開発を行います。
また、そこから得られた情報を生態系のリスクマネージメントやハザード予測に利用する研究を行っています。

2)森林利用の効率化に関する教育研究

国内の森林は利用時期に入っているものの、施業時のコストや労働力の減少により利用が進んでいません。効率的に林業を行うためには、森林内路網の整備や機械化が重要です。
そのため、高解像度情報を利用した施業提案システムを開発し、安全かつ効率的に施業を行える研究を行っています。