Facebook

基盤研究支援センター 機器分析支援部門・伊那分室

伊那分室の概要

本センターは、農学部に設置されている共通機器を一元的に管理し、効率的に運用することにより、大型機器を活用した教育・研究を支援することを目指しています。

運営組織

本センターは、信州大学農学部食料保健機能開発研究センター(CREFAS、平成13年〜平成27年)を前身とし、平成27年11月に農学部機器分析支援センターとして設置されました。平成28年4月1日よりヒト環境科学研究支援センターが「基盤研究支援センター」へと改組されたことに伴い基盤研究支援センター機器分析支援部門に組み込まれ(伊那分室)、現在に至ります。

運営組織図

基盤研究支援センター
https://www.shinshu-u.ac.jp/institution/kiban/

利用方法

学外の方

下記の問い合わせ先より事務室に直接お問い合わせください。

学内の方

1. 利用者登録

当年度の機器利用者登録願に必要事項を記入し、指導教員の記名捺印後、事務室(D102)に提出してください。受理後、共有googleカレンダーに当該機器の予約を可能にし、記入されたメールアドレス宛にご連絡いたします。
2019年度 機器利用者登録願(Word)
2019年度 機器利用者登録願(PDF)

2. 機器の利用予約・利用

共有googleカレンダーにて当該機器の利用時間を予約し、ご利用ください。
機器の利用方法がわからない場合などは事務室にご相談ください。

3. 利用料金の徴収

利用料金は3ヶ月ごとに計算し、支払い責任者(学生の場合、指導教員)の方に請求いたします。
利用料金表は事務室でご確認ください。

注意事項

  1. 機器利用者登録願は毎年度提出することとなっております。継続利用の場合も新年度様式にて必ず提出をお願いします。
  2. 継続利用者で学部から大学院へ進学した学生は、メールアカウントが変更となります。新しいメールアドレスを取得した後に機器利用者登録願を提出してください。

年間パス適用を希望する場合

※2019年度の申し込みは5月31日です

年間パス適用開始届出書と機器利用者登録願の2点を事務室まで提出してください。
2019年度 年間パス適用開始届出書(Word)
2019年度 年間パス適用開始届出書(PDF)

設置機器

  • 高分解能フーリエ変換核磁気共鳴装置
  • 高分解能二重収束質量分析計
  • 全自動細胞解析装置
  • 透過型電子顕微鏡
  • 共焦点レーザー顕微鏡
  • 分子間相互作用定量QCM装置
  • 近赤外分光装置MPAシステム
  • 超高速液体クロマトグラフ
  • 高速液体クロマトグラフ
  • 液体クロマトグラフ質量分析計
  • フーリエ変換赤外線分光装置
  • 原子吸光分光光度計
  • デジタル施光計
  • 超遠心分離機
  • プロテインシーケンサー
  • ルミノ・イメージアナライザー
  • 超純水製造装置
  • リアルタイムPCR装置

設置機器一覧
設置機器の外観はこちら

アクセス・お問い合わせ

信州大学伊那キャンパス
信州大学伊那キャンパス

キャンパスマップの9番にあたる建物の1階です。
外部からお越しの方は、マップ1番の建物で受付を済ませてからお入りください。

農学部へのアクセスはこちら

〒399-4598
長野県上伊那郡南箕輪村8304
信州大学農学部 D棟102
TEL: 0265-77-1607(事務室)
MAIL: kikibun_ina★shinshu-u.ac.jp
(★を@に変えてお送りください)

受付時間: 9:00~16:00(平日のみ)
利用時間: 7:00~24:00

スタッフ:小田あゆみ(助手)
     原洋明(技術補佐員)