ごあいさつ

ごあいさつ

 平成22年5月29日、信州大学農学部同窓会理事会・総会において役員改選があり、第4代の同窓会長に選任されました。大役であり身の引き締まる思いで居ります。初代会長西納さん、第2代巣山さんが若くして他界され、堀内前会長が第3代会長として19年の間、同窓会の土台を築きました。この功績は大きく、今後も名誉会長としご協力をいただきます。この間、伊那市荒井区に同窓会館を建築し、ここを拠点に同窓会が活動できるようになりました(現在は、食と緑の科学資料館へ事務室を移転しました)。創立45周年記念事業の一つとして財団法人信州農林振興会が設立され、同時に会報ゆりのき通信が計画・発行されることになりました。17号からはA4版で発行されるようになり、会員への情報伝達がより濃密に行われるようになりました。信州大学農学部の沿革については、ゆりのき通信の会長就任あいさつで簡単に記述しました。私が昭和31年に卒業して昭和45年に母校に戻って教育研究29年の後、退官して11年目を迎えています。

 半世紀以上前の学生時代からみて母校が発展を遂げ、なお前進していることは、驚きとともに多くの皆さんのご努力とご支援の賜物と感謝申し上げおります。情報化時代になって同窓会では、会員の皆さんのご意見をお聞きしたり、住所変更の手続きを便利にしたり、リアルタイムで母校の状況を知っていただくためにホームページを立ち上げておりました。大学当局がIT関連システムを再編し、教員の研究教育活動の公開が進んで参りました。これを機に同窓会も私のような素人が作成したものではなく、専門業者の手による新しいホームページが利用できるようになりました。信州大学農学部(http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/)−信州大学農学部同窓会と進んでください。名簿作成は、同窓生同士が協力し合う機会のひとつですが、近年これを悪用する輩が横行し、発行に一段の注意が必要となっています。
同窓会では名簿は、Internet非接続のPCに格納することにしています。住所変更等、2003年の名簿で記載されていないお名前を見つけたら、同窓会ホームページの住所変更からメールしてください。ご自身の変更を速やかにお願いします。近く信頼が置ける業者に依頼し、名簿を編集・発行致します。契約した業者からご通知申し上げます。

 これからの同窓会事業で例年と変わった取り組みはありませんが、ゆりのき通信の継続、財団法人信州農林振興会の支援、食と緑の科学資料館の充実支援、各支部の組織構築(提案ですが、都道府県名などの次にゆりのき会と名付けられたら如何でしょうか)の支援など活動を充実させます。

 同窓生のみなさんが同級会や観光旅行などで母校に来られたら、「食と緑の科学資料館」(愛称「ゆりの木」)へお立ち寄りください。この資料館には学科及び専攻研究グループの展示及び研究解説があり、地域の小中高生及び一般の方々も訪れています。また、この資料館設立に浄財を寄附された方々の御名前が掲額されています。後日寄附された方々も追加掲額されると同時に、ゆりのき通信に記載されます。信州大学農学部同窓生が9,000名になろうとしています。まもなく10,000名となりましょう。どうぞお元気でご活躍のほどをお祈りします。

信州大学農学部同窓会長
北澤 秋司(S31 林卒)