信大環境レポート信大環境レポート

信州ESDコンソーシアム成果発表&交流会

2018年02月02日(金) [イベント告知]

  ESDは、Education for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。

  環境・貧困・人権・平和・開発といった様々な地球規模の課題がある現在において、地球に存在する人間を含めた命ある生物が、遠い未来までその営みを続けていくことができるよう、持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。

信州大学教育学部では、「環境マインドも持った人材育成」を通して ESD活動を理解して積極的に取り組める人材の育成を行っており、昨年度に引き続き文部科学省「平成29年度グローバル人材の育成に向けた ESDの推進事業」に採択されました。

  このたび、 1年間の活動の集大成として、成果発表と交流会を開催いたします。

  ユネスコスクールの児童生徒による成果発表や各組織のポスター発表および意見交換などがあります。ご興味のある方は、是非ご参加ください。(教育学部EMS事務局)


○日時:2018年2月3日(土) 10:00~15:30

○会場:信州大学教育学部 大講義室(図書館2階)

○参加費:無料

○お問合せ:信州ESDコンソーシアム事務局 白岩・大山

              TEL:026-238-4034

              E-mail :kyoesd@shinshu-u.ac.jp

              申込不要、当日参加可

              ※詳しくは下記URLをご覧ください。

              http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/education/event/2017/01/3069092.html