ホーム > 推進センター概要 > ごあいさつ

ごあいさつ Message

学長メッセージ

hamadagakucho.jpg
学長 濱田州博

信州大学では、「男女共同参画社会の実現に努め、これを自らの社会的責務とすること」を宣言しております。今一度この宣言を噛み締め、実現するための取組を加速させていきたいと考えております。

信州大学には、様々な分野があり、また、様々な職種があり、性別、年齢、国籍など、多種多様な人が集まっています。言ってみれば、大学も小さな社会と考えられ、その中で如何に男女共同参画社会を形成していくかは大学として最も重要な課題の一つだと思います。男女共同参画社会を実現するための5本柱としては、男女の人権の尊重、社会における制度又は慣行についての配慮、政策等の立案及び決定への共同参画、家庭生活における活動と他の活動の両立、国際的協調が掲げられており、信州大学では、そのことも考慮した基本方針が設定され、行動計画が実施されてきました。この基本方針に沿って今後とも男女共同参画社会実現に向けた行動を継続したいと思います。

意識啓発活動としては、男女共同参画シンポジウムの開催、学長と女性研究者との懇談会、女性研究者・女子大学院生の情報交換や意見交換の場としてのランチミーティングの開催など様々な取組が行われてきましたが、人の入れ替わり等もあり意識啓発は継続して取り組んでいくことが必要だと考えています。また、言うまでもなく大学には多くの学生が学んでいます。その教育の中で「男女共同参画社会」への意識を高め、将来その実現に向けた取組に積極的に参加するようにしていくことも重要だと考えています。

信州大学の構成員お一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、同時に地域や家庭内においても固有の責任を果たすことができるようワーク・ライフ・バランスに配慮した働きやすい環境の確保に努めたいと思っておりますので、今後とも男女共同参画社会実現に向けた取組へのご協力をお願い申し上げます。

平成27年10月

センター長メッセージ

fukasawakayoko.jpgのサムネール画像のサムネール画像
センター長 深澤佳代子
(学術研究院保健学系教授
/学長補佐)

平成30年4月1日に信州大学男女共同参画推進センター長を拝命致しました。

当初各学部のワーキングチームから発足した信州大学男女共同参画推進センターの活動は足掛け11年目となります。この間、山沢前学長による男女共同参画推進委員会の設置、濱田学長によるイクボス宣言、歴代センター長がご尽力された子育てをしながら働く教職員への支援や女性研究者へのサポートなど学内の活動に留まらず、厚労省や内閣府のポータルサイトへの参画など学外へも活動範囲を広げています。

現在、各運営委員が意識啓発部門、女性研究者等支援部門、W.L.B推進部門の三分野で協働しセンター活動を支えています。

濱田学長から辞令をいただいた際に、「男女関係なく活き活きと働ける信州大学を目指してほしい」というお言葉を頂戴しました。折しも、現在、働き方改革法案が審議されています。歴代のセンター長が力を注がれた働きやすい職場環境づくりと同時に是非、教職員や学生が興味を持てる信州大学男女共同参画推進センターを目指したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします

平成30年5月

ページトップへ