ホーム > お知らせ > インタビュー

お知らせ News

2016.03.04 【インタビュー

【繊維学部】下坂 誠学部長

平成28年2月22日(月) 繊維学部 下坂誠学部長に松岡室長がインタビューしました。 力を発揮できずにいることはもったいない 松岡室長(以下「松」):本日はよろしくお願いいたします。繊維学部長ご就任おめでとうございます。 下坂学部長(以下「下」):ありがとうございます。 松:男女共同参画について、まずは繊維学部の現状などをお聞かせいただけますでしょうか。 下:ご存じのとおり繊維学部は女性教員の割合が非常に低いです。 松:男女共同参画の活動を始めたときには0名で驚きましたが、3名まで増やしていただきました。 下:はい。昨年10月に1名採用して、現在3名の女性教員がいます。前学部長から引き継ぎ、急... 詳細を見る

2016.03.04 【インタビュー

【教育学部】永松 裕希学部長

平成28年2月19日(金) 教育学部・永松裕希学部長に松岡室長がインタビューしました。 教育学部の現状と男女共同参画  松岡室長(以下「松」):この度は教育学部長ご就任おめでとうございます。男女共同参画の推進についてもよろしくお願いいたします。 永松教育学部長(以下「永」):こちらこそよろしくお願いします。 松:はじめに教育学部の現状や課題について、コメントいただきたいと思います。 永:まずひとつは、そもそも女性研究者の割合の低さは日本の大学が抱えている課題で、教育学部も同様です。そこを改善していく取組は、これまでと同様に積極的に働きかけ継続していきたいと思います。ただ現状として、女性研究者の... 詳細を見る

2015.12.18 【インタビュー

【全学教育機構】高野 嘉寿彦機構長

平成27年11月11日(水) 全学教育機構・高野 嘉寿彦(たかの かずひこ)機構長に松岡室長がインタビューしました。 ~男女共同参画について~ 松岡室長(以下「松」):本日は男女共同参画へのお考え、全学教育機構(以下:機構)の男女共同参画の様子等を伺わせていただければと思います。先生には本推進室のメンター(学長委嘱)に登録していただき、ありがたく思っています。 高野機構長(以下「高」):前任の村上先生が奥様も研究者ということで男女共同参画に熱心に活動されて、現在はそれを引き継いで行っています。女性研究者の育成に貢献したいので、メンター講習を受講して、登録させていただきました。昔は女性が専業主婦... 詳細を見る

2015.08.31 【インタビュー

【工学部】半田 志郎 学部長

平成27年8月6日(木)工学部・半田志郎学部長に松岡室長がインタビューしました。 ~男女共同参画について~ 松岡室長(以下「松」):信州大学が男女共同参画を推進していることはご存じですか?半田工学部長(以下「半」):それはもちろんです。女性が活躍することは、とても良いことだと思っています。 松:それは嬉しいです。半:工学部でも今回、学部長補佐に女性教員を配置いたしました。松:よかったです。女性を登用していただいてありがとうございます。 ~女子学生を増やすために~ 半:7月25日にオープンキャンパスを開催しました。松:2年くらい前からオープンキャンパスで女子高校生向けの催しをやっていた... 詳細を見る

2014.11.06 【インタビューサイト更新情報

【医学部附属病院】 本郷 一博 病院長

平成26年10月10日(金)附属病院・本郷一博病院長に松岡英子室長がインタビューしました。~これまでの取組について~松岡室長(以下、松):病院の女性教員比率の状況はいかがでしょうか。本郷病院長(以下、本):小児科や産婦人科は結構女性が多いし、麻酔科も女性医師がいます。まずは研修で入って、専門研修して、その後に助教ですよね。助手は少ないです。いまは助教以上の女性が24人、比率で13.3%です。松:平成23年に女性研究者支援事業を始めたときは女性が26人いらして、15.6%でした。2名、2.3%減ですが。本:総数が増えたということで、その影響だと思います。実際病院の職員というと、圧倒的に女性が多く... 詳細を見る
お知らせ
最新のエントリー
【教育学部】宮崎 樹夫学部長
【医学部】中山 淳 医学部長
【人文学部長】学部長インタビューを更新しました
【人文学部】早坂 俊廣 学部長
【理学部長】市野隆雄学部長
カテゴリー別に見る
意識啓発
イベント
イベントレポート
インタビュー
おひさま保育園
サイト更新情報
その他お知らせ
公募・支援情報
制度に関するお知らせ
受賞
教職員向けお知らせ
研究補助者制度
イクボス・温かボス宣言
月別に見る
RSSを取得
RSSフィード
女性研究者の皆様を支援致します。026-238-4048 お問い合わせ
ページトップへ