ホーム > お知らせ > 【繊維学部】 濱田 州博 学部長

お知らせ News

2014.11.04 【インタビューサイト更新情報

【繊維学部】 濱田 州博 学部長

平成26年9月9日(火)
繊維学部・濱田州博学部長に松岡英子室長がインタビューしました。


~3年間の成果と今後について~

sufre_08-1seni.jpg松岡室長(以下、松):繊維学部は本学で男女共同参画推進がスタートした3年前には女性教員がゼロでしたが、現在3人となり、嬉しく思っています。

濱田学部長(以下、濱):繊維学部では男女共同参画推進が始まる前から、テニュアトラックの事業を行っていて、「外国人も雇用することが望ましい」と言われておりました。現在の女性教員の3人のうちの2人がそのプロジェクトの中で採用した方で、お一人はオーストラリアの方です。その時は女性の採用をそれほど意識しなかったのですが、おそらく国際公募にしたので、女性が採れたのだと思います。

松:国際公募にしないとなかなか応募者がいないのですか。

濱:理系で、ドクターコースに進学する日本人の女性は、分野によって異なりますがまだ少ないです。たとえば生物とかは結構いると思います。外国だと割とドクターコースまで行く人が多いので、採れているのかなと思います。

松:どの大学も理系は苦しんで、なかなか採れないと聞きます。

濱:日本の国立大学で繊維学部は我々のところだけです。分野が繊維なので研究領域がマッチしない部分が結構あります。例えば被服関係では結構います。3人の女性のうちの一人は、アパレルに近いことを工学的に研究している韓国人女性です。

松:その方が女性限定での公募ですか。

濱:そうです。応募者は外国人のほうが多かったですね、問い合わせも外国人が多かった。日本語がしゃべれなくていいというのをこちらで覚悟すれば、採れることは採れるのですが、それだとこちらにきて授業に支障があります。いま外国からのお2人は日本語が相当できます。日本語での授業もできますし、英語でももちろんできます。

松:今後はどのようにお考えですか。

濱:今後は増やしていこうと思っています。ただ、女性限定公募は上手くやらないとできないと思います。分野によると思うのですが、生物は現在女性教員がいませんが、女性が多い分野なので、できるかなと思います。

松:生物は、学生さんも女性が多いので、是非お願いします。

濱:採っていく努力はし続けるつもりです。信大でも理系の学部は5%台ですよね、現在、繊維学部は3%ですが、まずは5%を目指していきたいと思っております



~環境整備、子育て支援に関して~

sufre_08-2seni.jpg松:最近採用された3名の女性は子育てとは関係ないと思いますが、子育てについての男性の要望はありますか。

濱:特にありませんが、皆さん上田市の保育園に預けていると思います。いまのところ学部では出来ることがそんなにはないかなと思っています。市町村とどう連携するかだと思いますね。でもそういった要望も聞いていないので。

松:男性が子育てで困っていても、なかなか要望を出しにくいですよね。要望を受け止めてくれる担当者がいると、より一層働きやすい職場になるのでは。

濱:そう思います。繊維学部は言える雰囲気だと私自身は思っています

松:子育て中の方だと、会議時間が遅くなると大変と聞きますがいかがですか。

濱:繊維学部は長い会議がないです。私が嫌いなので。教授会は3時に始まってだいたい1時間くらいです。議題によってはごくまれに延びることもありますが、余程のことがない限りそう長くなることはないですね。

松:それは大変いいですね。



~大学の魅力とは~

松:上田は新幹線が通り交通のアクセスもよく、大学や研究所の魅力だけではなく、住むという点での魅力を公募に活かすことについてはどうお考えですか。

濱:アクセスがいい分、商業施設等がみんな外に出てしまうこともあります。商業施設も含めて人を上田にとどめておく魅力が上田には必要かと思います。

松:勤めた場合に、働きやすい環境が整っているかとか、子育てがしやすいとかが、長く働いていただける要因にもなるかなと思いますが。

濱:実際、繊維学部は途中で辞める例は一部ありますが、あまりないように思います。この理由に関して明確には分かりませんが、さらに働きやすい環境づくりは必要だと思っております。

松:本日はありがとうございました。

お知らせ
最新のエントリー
スフレ通信NO.27を発行しました!
育児・介護のためのガイドブック(平成29年度改訂版)を作成しました
(県からのお知らせ)「キャリアデザイン基礎講座」受講者募集
(県からのお知らせ)妊娠・出産等に関する相談窓口について
平成29年7月5日
~男女共同参画講座「キャリアビジョンと男女共同参画」にて公開講座を開催~
カテゴリー別に見る
イベント
イベントレポート
インタビュー
おひさま保育園
サイト更新情報
その他お知らせ
公募・支援情報
制度に関するお知らせ
受賞
教職員向けお知らせ
研究補助者制度
月別に見る
RSSを取得
RSSフィード
女性研究者の皆様を支援致します。026-238-4048 お問い合わせ
ページトップへ