ホーム > お知らせ > 【農学部】 中村 宗一郎 学部長

お知らせ News

2014.11.04 【インタビューサイト更新情報

【農学部】 中村 宗一郎 学部長

平成26年8月20日(水)
農学部・中村宗一郎学部長に松岡英子室長がインタビューしました。


~女性限定公募の効果~

sufre_07-1nougaku.jpg松岡室長(以下、松):農学部は積極的に女性限定公募をしていただき、女性教員が増えましたが、現状はいかがでしょうか。

中村学部長(以下、中):女性限定公募で、2人のとてもすばらしい方に来ていただきました。さっそく研究室配属学生を募ったのですけれども、枠を超えた学生が希望して、女性教員を待っていたのかなというようなことがありました。非常にすぐれた研究業績を上げている方々で、私はとても期待しています。

松:では女性限定公募に踏み切ってよかったと。

中:よかったですね。これまでも何度か最終選考には残るんですけれども、最後の投票で決まりませんでした。お陰さまで,女性限定にしなくても最終候補者まで残るような道筋ができました。

松:限定でなくても、女性を採用する雰囲気がでてきてくれればいいですね。女性教員が増えていくことに伴う何か課題はありますか。

中:若い先生もたくさん赴任されましたので、育児支援が課題かなと思っています。

松:現在ホームページに信州大学のある市町村の保育サービスをアップしている最中です。伊那市、南箕輪村ではできないところを大学が支援できればいいかなと思っています。これから結婚されて、お子さんができても安心して働ける場所になってほしいです。

中:是非ここでご家庭をつくってほしいですね。教員のクオリティーオブライフの向上のためにも育児支援は必要だと思います。



~女子学生の進学・就職について~

sufre_07-2nougaku.jpg松:つぎに大学院の進学率はいかがですか。

中:学部の女子学生比率は41.2%、修士課程は25.0%であり,修士課程までは結構行くのですが、博士課程の進学となると・・・でも最近、博士課程の進学者もぼちぼち増えてはいるようです。博士号を取るというとこまで育てないと、大学教員の女性比率は高くならないと思います

松:男性もいま就職大変ですね。

中:大変だと思います。40歳を超えたらなかなか難しいようです。文部科学省が若手の承継教員を増やそうとしているようです。若手の承継教員というのは40歳未満のことなんです。40歳以下の若手の先生が少ない、というのが文部科学省の統計のようです。

松:若い人しかとらないというのも問題ですよね。今はいいですけれど、後になった時にどういうふうにするかですよね。

中:先日、タイのメーファールワン大学(メーファールワンとはラーマ9世(プーミポン)の母親シーナカリンの通称、11学部を有する総合大学、1998年創立)と学部の連携協定を結んだのですが、学部長は41歳とおっしゃっておられました。教員も大半が30歳代とのことでした。将来どのような人事計画で進むのかがもっぱらの課題のようでした。この大学は他にも特徴がありまして、8割が女子学生、教員もそれを反映してか8割が女性なんです。

松:女性が8割とは驚きです。

中:おそらく日本は8割が男性教員で2割が女性教員だと思うのですが・・・・協定を結ぶために今年の3月に1週間くらい行っていたのですが、ほんとうに数えるぐらいしか男性教員がいないという状況でした。

松:専攻の内容とかにもよるでしょうけど。特殊ですね。

中:ちょっと驚きでした。



~今後の男女共同参画について~

松:では最後になりますが、農学部では男女共同参画に協力的な雰囲気がありますか。

中:それはありますね、学部の女子学生が4割ですから。大学祭は“からまつ祭”というのですけれど、大学祭の実行委員はずっと女子学生中心ですし、環境ISO委員会も活発ですが、その委員も女子学生中心です。

松:農学部は女性限定公募も大変効果的であり、うまくいっているようですが、女性限定公募を実施するときに、反対とかはありませんでしたか。

中:無かったとはいえません。しかし全学で推進している男女共同参画が追い風になりました。

松:逆差別論とかありますよね、苦労したところはありますか。

中:それはなかったです。一旦流れができましたから、今後はおそらく女性教員は自動的に増えると思います

松:今後とも期待しています。

中:私の個人的な感覚ですが、農学部では少なくても1割は女性教員である必要があるように思っているところです。

松:今後ともよろしくお願いします。

今日はありがとうございました。

お知らせ
最新のエントリー
スフレ通信NO.27を発行しました!
育児・介護のためのガイドブック(平成29年度改訂版)を作成しました
(県からのお知らせ)「キャリアデザイン基礎講座」受講者募集
(県からのお知らせ)妊娠・出産等に関する相談窓口について
平成29年7月5日
~男女共同参画講座「キャリアビジョンと男女共同参画」にて公開講座を開催~
カテゴリー別に見る
イベント
イベントレポート
インタビュー
おひさま保育園
サイト更新情報
その他お知らせ
公募・支援情報
制度に関するお知らせ
受賞
教職員向けお知らせ
研究補助者制度
月別に見る
RSSを取得
RSSフィード
女性研究者の皆様を支援致します。026-238-4048 お問い合わせ
ページトップへ