ホーム > お知らせ > 2014年11月

お知らせ News

2014.11.20 【その他お知らせ

映画『うまれる』(文部科学省選定)上映会開催のお知らせ

映画『うまれる』は「子供は親を選んで生まれてくる」という胎内記憶をモチーフに、命を見つめる4組の夫婦の物語を通して、自分たちが生まれてきた意味や 家族の絆、命の大切さ、人との繋がりを考えるドキュメンタリー映画で、妊娠・出産・育児、流産・死産、不妊、障害など「うまれる」ということを広く捉える 事で、親子関係やパートナーシップ、男性の役割、そして「生きる」ということを考える・感じる内容になっております。多くの方のご参加をお待ちしておりま す。 【 日時・場所 】○松本キャンパス   平成26年12月19日(金) 14:40~16:10※  &n... 詳細を見る

2014.11.11 【その他お知らせ

スフレ通信No.16を発行しました!

「特集・部局長インタビュー」内容・Let’sイクメン!子育て世代への育児支援・信州大学の育児休業・短時間勤務取得者数・部局長インタビュー「これからの男女共同参画」について・TOPICS おしらせ... 詳細を見る

2014.11.06 【インタビューサイト更新情報

【医学部附属病院】 本郷 一博 病院長

平成26年10月10日(金)附属病院・本郷一博病院長に松岡英子室長がインタビューしました。~これまでの取組について~松岡室長(以下、松):病院の女性教員比率の状況はいかがでしょうか。本郷病院長(以下、本):小児科や産婦人科は結構女性が多いし、麻酔科も女性医師がいます。まずは研修で入って、専門研修して、その後に助教ですよね。助手は少ないです。いまは助教以上の女性が24人、比率で13.3%です。松:平成23年に女性研究者支援事業を始めたときは女性が26人いらして、15.6%でした。2名、2.3%減ですが。本:総数が増えたということで、その影響だと思います。実際病院の職員というと、圧倒的に女性が多く... 詳細を見る

2014.11.04 【インタビューサイト更新情報

【全学教育機構】 村上 好成 機構長

平成26年8月8日(金) 全学教育機構・村上好成機構長に松岡英子室長がインタビューしました。~当たり前の男女共同参画~松岡室長(以下、松):全学教育機構は女性教員の採用に最も協力をしていただいています。取組についてお伺いします。村上機構長(以下、村):全学教育機構の採用に関しては、この2年間で女性が4人で、男性は2人です。女性限定の公募もやっています。それは私がなるべく女性をという気持ちがありまして。実は私は学生結婚しました。妻は研究者なのですが、長女が1歳の時彼女は宮城県塩釜市にある国立の研究所に主任研究官として就職しました。それから6年半私は、1か月に1度は塩釜まで、当時7時間かかるのです... 詳細を見る

2014.11.04 【インタビューサイト更新情報

【繊維学部】 濱田 州博 学部長

平成26年9月9日(火)繊維学部・濱田州博学部長に松岡英子室長がインタビューしました。~3年間の成果と今後について~松岡室長(以下、松):繊維学部は本学で男女共同参画推進がスタートした3年前には女性教員がゼロでしたが、現在3人となり、嬉しく思っています。濱田学部長(以下、濱):繊維学部では男女共同参画推進が始まる前から、テニュアトラックの事業を行っていて、「外国人も雇用することが望ましい」と言われておりました。現在の女性教員の3人のうちの2人がそのプロジェクトの中で採用した方で、お一人はオーストラリアの方です。その時は女性の採用をそれほど意識しなかったのですが、おそらく国際公募にしたので、女性... 詳細を見る
123
お知らせ
最新のエントリー
映画『うまれる』(文部科学省選定)上映会開催のお知らせ
スフレ通信No.16を発行しました!
【医学部附属病院】 本郷 一博 病院長
【全学教育機構】 村上 好成 機構長
【繊維学部】 濱田 州博 学部長
カテゴリー別に見る
イベント
イベントレポート
インタビュー
おひさま保育園
サイト更新情報
その他お知らせ
公募・支援情報
制度に関するお知らせ
受賞
教職員向けお知らせ
研究補助者制度
月別に見る
RSSを取得
RSSフィード
女性研究者の皆様を支援致します。026-238-4048 お問い合わせ
ページトップへ