ホーム > お知らせ > 【開催報告】 第1回メンター研修会

お知らせ News

2012.07.31 【イベントレポート

【開催報告】 第1回メンター研修会

 平成24年7月4日(水)、長野(教育)キャンパスにおいて、立教大学大学院特任教授 渡辺三枝子先生を講師にお迎えし、「女性研究者のためのメンタリング入門」をテーマに、質疑応答を含めて約2時間の研修会を行いました。

 渡辺先生からは、メンタリング導入にあたり、1つに、大学においてメンタリングが注目された背景を理解すること。2つに、人は様々な役割を果たすことで人生が出来上がっているということ。この2つを認識することが重要であると語られました。

 メンタリングでは、女性研究者の生活者としての側面は、研究生活にたいへん影響する。ということを認識したうえで援助し、研究者自身が自己のキャリアを総合的に考え、意思決定する力を育てることを支援するということだそうです。また、働く女性への支援は、ただ悩みを聴くだけでなく、「仕事」と「生活」を両立するために、優先順位をどのようにつけるかコーチングしていくこともメンタリングであり、仕事や成果を上げるための支援はもちろんのこと、一社会人、生活者として両立した研究生活を行うことができる研究者養成の機会として、メンタリングを行うことが、女性研究者支援では必要であるというお話をいただきました。

 質疑応答では、メンタリングの基本的姿勢への問いがあり、渡辺先生から、「メンタリングは、日常の研究生活の中で、研究・学問を通した情緒的な信頼が根本にあり、互いが、思いや考えを素直に伝えることができる対話であること。若手研究者のみならず、係ったメンター自身も成長することができる。」ということを語られました。参加者は、メンタリングの姿勢を深く認識する機会となりました。

 ※ 第1回メンター研修会は、eALPS教職員専用サイトでご覧いただくことができます。


 ※ 参考:女性研究者支援室メンター制度について

お知らせ
最新のエントリー
スフレ通信NO.27を発行しました!
育児・介護のためのガイドブック(平成29年度改訂版)を作成しました
(県からのお知らせ)「キャリアデザイン基礎講座」受講者募集
(県からのお知らせ)妊娠・出産等に関する相談窓口について
平成29年7月5日
~男女共同参画講座「キャリアビジョンと男女共同参画」にて公開講座を開催~
カテゴリー別に見る
イベント
イベントレポート
インタビュー
おひさま保育園
サイト更新情報
その他お知らせ
公募・支援情報
制度に関するお知らせ
受賞
教職員向けお知らせ
研究補助者制度
月別に見る
RSSを取得
RSSフィード
女性研究者の皆様を支援致します。026-238-4048 お問い合わせ
ページトップへ