ホーム > 活動内容 > 柔軟な勤務体制を目指します。
柔軟な勤務体制を目指します。

ライフスタイルに合わせたフレキシブルな
勤務体制の確立を目指し、以下の項目を推進します。

  • 短時間勤務制度等の活用・強化 育児や介護のために、勤務時間を短くしたり、時間外勤務や深夜勤務を制限することができます。
  • 休業制度の利用促進 育児や介護を要する家族がいる方に、休業制度の利用を促します。休業中に職務に関する情報を提供するなど、バックアップ体制も整っています。
  • 在宅勤務等について検討 研究者の要望や他大学の状況を調査の上、在宅勤務等について検討します。
  • 利用促進のためのガイドブックの配布 現行制度の利用促進を図るために、諸制度を解説したガイドブックを作成し、学内に配布しています。
ライフスタイルに合わせたフレキシブルな勤務体制


ページトップへ