ホーム > イクボス・温かボス宣言特集 > イクボス・温かボス(あったかボス)宣言―各学部事務(部)長―

イクボス・温かボス宣言 Announcement

■人文学部事務長  若林 武
・ワーク・ライフ・バランスについて,職場内で話し合う機会を設けるなどし,意識の醸成を図ります。
・面談等を通じ,職員に配慮すべき事情の把握に努めます。
・業務の見直し等により効率化をさらに進め,時間外勤務の縮減や休暇取得率の向上に努めます。
・自ら,ワーク・ライフ・バランスを重視し,人生を楽しみます。
■教育学部事務長  酒井 清
・職員のワーク・ライフ・バランスを重視し,自らも充実した私生活と仕事を送る「温かボス」となります。
・ワーク・ライフ・バランスに関する意識啓発活動を積極的に推進します。
・育児や介護等で休暇が取得しやすい職場環境の整備に努めます。

 

 



■経法学部事務長  山本 敏夫
・育児休業や介護休業が取りやすい職場環境の整備に努めます。
・業務改善に取り組み,休暇取得を取りやすい環境を作ります。
職員との個別面談を行うなど,配慮すべき事情の把握に努めます。 また,相談のしやすい職場環境作りに努めます。
■理学部事務長  奥原 忠孝
・子育てや介護が必要な職員に優しい職場であるよう、職員間の意思疎通を図り、職場の良好な雰囲気づくりに努めます。
・女性も男性も安心して働くことができるよう支援に努めます。
・業務の見直し等により超過勤務の縮減に努め、職員のワーク・ライフ・バランスを推進します。


■医学部事務部長  大竹 博昭
・さらなる業務の効率化を進め,時間外労働時間の減少に努めます。
・職員が個性や能力を最大限発揮できるよう,ワーク・ライフ・バランスを積極的に推進します。
・職員と定期的に個別面談を行い,配慮すべき事情を把握するとともに,適正な業務分担の決定に努めます。
■工学部事務部長  土屋 雅紀
・課員のワーク・ライフ・バランスに配慮した優しい職場環境を作るため,特に以下の点に配慮するよう努めます。
・休暇を取りやすくする職場の雰囲気づくりに努めます。
・定時退庁日の徹底や業務見直し等により時間外労働の減少に努めます。
・自らも仕事と私生活を楽しめるよう努めます。


■農学部事務長  渡邉 國光
・所属の職員が個性や能力を最大限発揮できるように,ワーク・ライフ・バランスを積極的に推進するとともに,自らも充実した仕事と私生活を送るよう努めます。
・所属の職員に対するワーク・ライフ・バランスに対する意識啓発活動を積極的に推進します。
■繊維学部事務長  大月 克幸
・職員へ育児休業などの取得について積極的に声がけをします。
・職員と個別に面談を行い,配慮すべき事情を確認します。
・職員に対するワーク・ライフ・バランスに対する意識啓発活動を積極的に推進します。

 



ページトップへ