ホーム > イクボス・温かボス宣言特集 > イクボス・温かボス(あったかボス)宣言―医学部附属病院―

イクボス・温かボス宣言 Announcement

■医学部附属病院副病院長(事務担当)  辻谷 重宏
・子育てや介護の必要な教職員が,安心して家庭と仕事の両立ができるような職場環境の整備に,積極的に取り組んでいきます。
・一人一人の大切な家庭の時間が十分確保できるよう,業務内容の見直しを行い業務の効率化を図ることで,超過勤務を削減するとともに年次休暇が取りやすい職場づくりに,積極的に取り組んでいきます。
・家庭と仕事の充実を自らが示すことで,ワーク・ライフ・バランスの意識啓発活動を積極的に推進します。

 

 

 

■医学部附属病院総務課長  内川 俊行
・総務課の常勤職員・非常勤職員・派遣職員が男性・女性を問わず,結婚,出産,子育てや介護のために休暇等が取得しやすく,安心して働くことができる職場環境の構築を目指します。
・休暇が取得しやすく時間外勤務が現状よりも軽減できる環境構築のため,課内会議等において,係・グループを越えた職員の協力体制を考慮した業務分担について検討します。
・課内の職員が家庭生活と仕事を両立し,個性や能力を十分に発揮できるようにワーク・ライフ・バランスを積極的に推進します。また,自らも業務の効率化を図ることにより,メリハリのある勤務を実践し,休暇の取得や時間外勤務の削減に取り組みます。


■医学部附属病院経営管理課長  常見 和彦
・課職員が子育てや介護等に時間を割けるよう家庭環境に配慮し,安心して働ける職場環境づくりに取り組みます。
・会議時間の短縮,意思決定の迅速化等により,業務の効率化を推進することで時間外勤務の縮減を目指します。また,自らワーク・ライフ・バランスを重視するとともに休暇等を取得しやすい環境づくりに努めます。

 

 

■医学部附属病院医事課長  丸山 政紀
・職員が,個性や能力を発揮できるよう,ワーク・ライフ・バランスを積極的に推進します。
・業務改善・業務の効率化により,時間外勤務を減少させると共に休暇を取得し易くします。
・子育てや介護が必要な職員に配慮した職場環境作りに努めます。
・職員との個別面談を行い,配慮すべき事情を把握します。
・自らも,ワーク・ライフ・バランスを重視し,充実した仕事と私生活を送ります。


■医学部附属病院医療支援課長  藪原 公徳
・率先して年次休暇を取得することにより,年次休暇のとりやすい職場環境を作り出します。

 

 

■医学部附属病院経営推進課長  三澤 剛
・子育てや介護が必要な職員が,安心して家庭生活と仕事の両立ができる職場環境の整備に努めます。
・課内のコミュニケーションを充実させ,効率的・効果的な業務が行えるよう業務改善に取組み,ワーク・ライフ・バランスに配慮のある職場を目指します。


ページトップへ