1. HOME
  2. 産学連携Q&A

産学連携Q&A

連携のメリットは何ですか?
連携を行うメリットはいくつかございます。
・その分野の専門研究者が共に研究することで知識やスキルを得ることができる
・最先端の設備が使用可能
などなど。
他にも連携を行うメリットはたくさんあります。
詳しくは下記をご覧ください。

連携のメリットはこちら
どんな分野で産学連携ができるのですか?
工学系はもちろん、様々な分野での連携が可能です。

詳しくはこちら
産学連携の実績が知りたいです。
産学連携の実績については「実績」ページをご覧ください。
また、「信州 知の森」Webサイトではインタビューを交えた詳細な産学連携の実績をご覧いただけます。

産学連携の実績はこちら
『信州 知の森』Webサイトはこちら
どんな研究方法があるのですか?
研究スタイルには「共同研究型」と「受託研究型」があります。
どちらのスタイルが研究内容に合っているかはぜひコーディネーターにご相談ください。

共同研究についての詳細はこちら
受託研究についての詳細はこちら
ご相談はこちら
共同研究とはどのような研究なのですか?
共同研究では、信州大学と企業などが共同で研究を行います。

詳しくはこちら
受託研究とはどのような研究なのですか?
受託研究では、信州大学の教員のみが研究を行います。

詳しくはこちら
共同研究と受託研究のどちらにすればよいですか?
どちらの制度ががよいかはご依頼される研究内容によって異なります。
どちらのスタイルが研究内容に合っているかはぜひコーディネーターにご相談ください。

詳しくはこちら
研究依頼にはいくらぐらいかかりますか?
一般的には共同研究の方がより費用がかかります。(研究者受け入れの人件費が必要なため)
しかし個々の研究内容により費用は大きく異なります。
まずはコーディネーターにご相談ください。

ご相談はこちら
特許の扱いはどうなりますか。
共同研究の場合、発明の特許を受ける権利は通常は信州大学と企業との共有となります。
受託研究の場合は、発明の特許を受ける権利は信州大学に帰属します。(一部譲渡も可)
なお、企業には特許の優先実施権が与えられます。

共同研究の特許についてはこちら
受託研究の特許についてはこちら
まずは相談をしたいのですが大丈夫ですか?
相談だけでも大丈夫です。
研究推進部までお電話もしくはフォームにてお問い合わせください。

電話:0263-37-3048
フォームはこちら
産学連携Q&A
  • 信州大学研究推進部 0263-37-3042お問い合わせはこちらアクセスはこちら
  • 産学地域連携を語る 信州知の森
  • 信州大学より寄附金のお願い
  • 信州大学学術研究・産学官連携推進機構
  • SOAR研究者総覧データベース
  • 信州大学
  • 信州大学における研究費等の不正使用防止策