1. HOME
  2. 産学連携を知る
  3. 連携のスタイル

産学連携STEP2 もっと詳しく!

連携のスタイル

連携には「共同研究型」と「受託研究型」があります。

共同研究型

◇大学の研究者と企業の研究者が一緒に研究開発に取り組みます
◇特許を受ける権利は共有します
◇現在民間機関等において研究業務に従事していて、かつ在職のまま本学に派遣される研究員を共同研究員といいます。

企業等と共同研究開発
発明の特許を受ける権利は通常、信州大学と企業の共有となります

※研究条件によっては上記と異なる場合がございます

受託研究型

◇企業は委託費を払って、大学に研究開発を委託します
◇特許の権利は大学に帰属し、企業は優先実施権を持ちます

企業等から信州大学へ委託
発明の特許を受ける権利は信州大学に帰属します。(一部譲渡も可)企業には特許の優先権が与えられます。

※研究条件によっては上記と異なる場合がございます

アドバイス

どういったスタイルで連携するのがベストなのかは、コーディネーターを交えて双方で話し合い納得したうえで取りきめます。
状況に合わせた条件の調整は行いますので、実際は様々なバリエーションが存在します。