キックオフシンポジウム

革新的な「造水・水循環システム」の実用化を目指す

 海外の水不足や汚染など、さまざまな課題を解決し、世界中の人たちに安全で安心な水を十分に提供するため、信州大学長野(工学)キャンパスに設置された「アクア・イノベーション拠点」。信州大学などが得意とする炭素材料・繊維材料といった研究開発成果と、長野県をはじめとする日本のモノづくり技術を駆使し、革新的な「造水・水循環システム」の研究開発から社会実装までを一貫して行っています。
 拠点にはオールジャパン体制で、研究者や企業の技術者などが常駐。システムの実用化を目指して、革新的材料を用いた耐久性のある水分離膜などの開発や分離膜のモジュール化、システム化、量産化、ビジネス化といったさまざまな研究をしています。

革新的なカーボン技術で有用物質を分離

文部科学省の「地域資源等を活用した産学連携による
国際科学イノベーション拠点整備事業」に選定され、
長野(工学)キャンパス内に建設中の
拠点中心建物(完成予想図)

提案機関

  • 信州大学
  • HITACHI
  • TORAY
  • SHOWA DENKO
  • 独立行政法人 物質・材料研究機構
  • 長野県