NEWS

お知らせ

天皇、皇后両陛下の行幸啓記念展示を開催

信州大学を中核とするアクア・イノベーション拠点はこのほど、2016年6月5日の天皇、皇后両陛下の行幸啓の際に使われた「御休憩室」を一般公開するとともに、当日撮影された写真、説明用のパネルなどの展示を始めました。 天皇、皇后両陛下は6月5日、信州大学長野(工学)キャンパス内の国際科学イノベーションセンター(AICS)を訪れ、2階の展示フロアで半田志郎工学部長から建物の概要説明を受けたあと、遠藤守信特別特任教授からアクア・イノベ―ション拠点の取り組みについて説明を受け、多くの質疑応答が行われました。 信州大学の記念展示は、両陛下が休んだ4階「御休憩室」をそのまま展示室したもので、応接セットや茶器な

続きを読む

未来"水"社会を表現する「ジオラマ」が完成

アクア・イノベーション拠点はこのほど、拠点が目指す将来像を立体的に表現したジオラマを作成し、中核拠点の2階展示コーナーで一般公開を始めました。当ジオラマは6月5日、天皇皇后両陛下が信州大学を訪問した際にも、遠藤守信特別特任教授がプロジェクトの将来像を説明するために使用したものです。 "水の世紀"を表現するジオラマ(Diorama) 安価でクリーンなエネルギー、十分な量と質の水、そして食糧の安定的な確保は、人類にとって不可欠なものであり、それらは互いに強く結びついているといわれています。このジオラマは、アクア・イノベーション拠点が思い描く"水の世紀"に、ある砂漠地帯の半島に生まれた想像上の未来都

続きを読む

天皇皇后両陛下が信州大学の中核拠点を視察

全国植樹祭の式典に出席するため、長野県を訪れた天皇皇后両陛下が6月5日、信州大学長野(工学)キャンパス内の国際科学イノベーションセンター(AICS)を視察しました。天皇皇后両陛下が信州大学を訪問するのは、1949(昭和24)年の開学以来、初めてとなります。 両陛下は午後2時半、長野(工学)キャンパスのセンターに到着し、正門近くに詰めかけた学生や職員170人から歓迎を受けると、右手を挙げて応えました。 センターの玄関では、濱田州博学長、中村宗一郎理事、半田志郎副学長(工学部長・センター長)らが出迎え、両陛下に挨拶しました。 2階展示コーナーでは、半田副学長がまず、同センターの概要について両陛下に

続きを読む