NEWS

『技術シーズマッチングセミナー』を開催しました

 アクア・イノベーション拠点(COI)では、長野県長野地域振興局と共催で「信州大学アクア・イノベーション拠点技術シーズマッチングセミナー」を2018年9月25日に開催しました。
 プロジェクト開始から5年半。アクア・イノベーション拠点の研究開発も社会実装に向けて徐々に実を結び始め、高機能な膜技術や高機能性材料など、さまざまな技術開発の種「技術シーズ」が生まれています。
これらの技術シーズを長野地域のものづくり企業の皆様の研究開発に活用いただくために開かれたマッチングセミナーには、長野地域以外からも多数の企業・団体の参加がありました。

IMG_2032.JPG


 第一部では、信州大学の教員5名より、COIの研究で得られた以下の技術シーズを紹介しました。
「アクア・イノベーション拠点説明と微量センサ開発」田中厚志教授(COI拠点副機構長 機構戦略支援統括)
「ナノカーボン分離膜の昨日と応用展望」竹内健司准教授(COI拠点サブ研究リーダー)
「無機結晶材料を使用した浄水器の開発」手嶋勝弥教授(COI拠点サブ研究リーダー)
「表面重合を利用した細孔径制御膜の開発と応用」木村睦教授(COI拠点サブ研究リーダー)
「機構材料としてのCNT・CNF複合材~廃棄プラスチックのリサイクル等の応用に向けて~」野口徹特任教授

IMG_2072.JPG


 第二部ではこれら技術シーズの活用法や自社の研究開発の可能性などについて、信州大学の研究者と企業の開発担当者との個別相談も行い、より具体的な活用法についての議論が交わされました。

IMG_2087.JPG