NEWS

天皇、皇后両陛下の行幸啓記念展示を開催

信州大学を中核とするアクア・イノベーション拠点はこのほど、2016年6月5日の天皇、皇后両陛下の行幸啓の際に使われた「御休憩室」を一般公開するとともに、当日撮影された写真、説明用のパネルなどの展示を始めました。

天皇、皇后両陛下は6月5日、信州大学長野(工学)キャンパス内の国際科学イノベーションセンター(AICS)を訪れ、2階の展示フロアで半田志郎工学部長から建物の概要説明を受けたあと、遠藤守信特別特任教授からアクア・イノベ―ション拠点の取り組みについて説明を受け、多くの質疑応答が行われました。

信州大学の記念展示は、両陛下が休んだ4階「御休憩室」をそのまま展示室したもので、応接セットや茶器などを展示。中2階のホワイエの「フォトギャラリー」にも、6月6日付の信濃毎日新聞朝刊に掲載された記事や写真、当日の説明に使われたパネルやアクアッピのぬいぐるみなどが展示されています。

「フォトギャラリー」はAICSが開館中の平日昼間、「御休憩室」は平日午前9時半から午後3時半まで自由に見学できますので、2階展示フロアとともにご見学ください。

P1030337.JPG公開中のAICS4階「御休憩室」


P1030340.JPGのサムネイル画像AICS中2階のホワイエで開催中の「フォトギャラリー」