NEWS

"水の国からやってきた妖精" キャラクターの愛称を募集

国立大学法人信州大学(学長、山沢清人、本部 : 長野県松本市)は7月から、信州を中心として産学官連携で取り組むアクア・イノベーション拠点(COI)の新キャラクターの愛称募集キャンペーンを展開致します。高度で革新的な研究開発の内容を、小中学生からお年寄りまで幅広い世代の方々に理解して頂くためで、成果を紹介するパンフレットや映像、展示コーナーのパネルなどに展開していきたいと考えています。

新キャラクターは、水の国からやってきた妖精をイメージしたもので、年齢や性別は一切不明。水の国なので、帽子や服、友達のイルカもキレイな水からできています。また、ナノカーボンで作られた魔法のスティックを手に持ち、このスティックを振ると水がどんどん浄化されていく、というものです。
水の妖精キャラクター.png
アクア・イノベーション拠点が、信州大学が得意とするナノカーボンにかかわる研究成果を生かし、オールジャパン体制の産学官連携により、塩と真水を分離するための革新的な逆浸透(RO)膜の創成を目指しており、キャラクターのプロフィールには、これをわかりやすく訴求していく意味合いが込められています。

愛称募集キャンペーンは7月から2カ月間の予定で、NBS長野放送の「土曜はこれダネ!」などの番組とタイアップして行われます。愛称は9月上旬、主催者が構成する選考委員会が応募内容を審査し、決定されます。選定された愛称の提案者には、図書券などがプレゼントされます。

詳細は以下の募集要項をご覧ください。

【募集要項】

●募集期間
平成27年7月1日(水)~平成27年8月31日(金)の2ヵ月間(※郵送の場合は当日消印有効)

●応募条件
①子ども妖精キャラクターの愛称(※イルカは募集しません)。
②表記は、ひらがな、もしくはカタカナであること(混在も可)。
③水に関するキャラクターであることをイメージさせるもの。
(※キャラクターのプロフィールを参照ください)

●応募方法
郵便はがき、または信州大学、NBS長野放送のホームページを通じて応募。以下の必要事項をご記入ください。
①愛称
②愛称の説明(愛称に込めた意図など)
③氏名(ふりがな)、性別、年齢、郵便番号、住所、電話番号

●選   考
応募作品の中から、主催者等で構成する選考委員会で審査し決定します。

●発表時期
平成27年9月上旬
信州大学、NBS長野放送のホームページ、番組「土曜はこれだネッ!」で発表します。

●選定愛称の提案者への特典
①優秀賞1名 図書券1万円分(応募の場合は抽選)
②佳作2名  図書券5000円分(応募の場合は抽選)
③抽選 10名 図書券1000円分(①、②を除く全応募者で抽選)

●応募愛称の取り扱い
①応募者は、愛称に関わる一切の権利(著作権法第27条及び第28条に定められる権利を含む)を無償で主催者に譲渡するものとします。
②応募者は、応募愛称に関して著作者人格権の行使をしないものとします。
③応募者は、応募にあたって第三者の権利を侵害しないように十分に配慮してください。
④愛称使用に関する一切の権利は、主催者が保有するものとします。

●主   催
信州大学、NBS長野放送 

●後   援
長野県

●応募先
(郵送)
〒380-8633 長野市岡田町131-7 NBS長野放送 「COIキャラクター募集」係
(ホームページ)
信州大学
NBS長野放送