プロジェクト体制

オールジャパンで世界屈指の技術を融合

世界の抱える水の課題を解決して、世界中の人々に安全・安心な水を十分に提供するために、信州大学等が得意とする炭素材料・繊維材料等の研究開発成果と、長野県をはじめとする我が国のモノづくり技術を駆使して、オールジャパン体制の強固な産学官連携によって、革新的な『造水・水循環システム』の研究開発から社会実装までを一貫して行う、『アクア・イノベーション拠点』を本学長野(工学)キャンパスに設置しました。
拠点にはオールジャパン体制で、大学等の研究者や、企業の技術者等が常駐し、革新的な『造水・水循環システム』の実用化を目指して、ナノカーボン等の革新的材料を用いた耐久性のある水分離膜等の開発、分離膜等のモジュール化、システム化、プラント化、ビジネス化等など多岐にわたる試みに取り組んでいます。
また、物質・材料研究機構、理化学研究所がサテライトとして、それぞれ特徴的なカーボン材料開発、水/材料界面科学の研究開発を進め、中核拠点の研究開発活動を支援しています。さらに、海洋研究開発機構を代表とするサテライト(COI-S)拠点が水循環の解析・予測・シミュレーションを実施し、中核拠点の研究成果の社会実装を推進しています。

図2

革新的なカーボン技術で有用物質を分離します。

拠点運営体制

機構役職名 氏名 所属機関・役職
機構長(プロジェクトリーダー) 上田  新次郎 日立製作所・前技術最高顧問
サブプロジェクトリーダー 辺見  昌弘 東レ・理事
副機構長(研究リーダー) 遠藤  守信 信州大学・特別特任教授
アドバイザー 谷岡  明彦 信州大学カーボン科学研究所・特任教授
サブ研究リーダー 林  卓哉 信州大学・教授(工学系)
サブ研究リーダー 手嶋  勝弥 信州大学・教授(工学系)
サブ研究リーダー 木村  睦 信州大学・教授(繊維学系)
サブ研究リーダー 竹内  健司 信州大学・准教授(工学系)
サブ研究リーダー 一ノ瀬  泉 物質・材料研究機構(NIMS)・ユニット長
サブ研究リーダー 木村  将弘 東レ・地球環境研究所・所長
副機構長(機構戦略支援統括) 田中  厚志 信州大学・教授(工学系)
シーズ・ニーズ探索統括 杉原  伸宏 信州大学学術研究・産学官連携推進機構長・教授
知財戦略統括 金井  均 信州大学COI拠点・コーディネータ
機構サポートスタッフ 3名
COI-Sプロジェクトリーダー 所  眞理雄 ソニーコンピュータサイエンス研究所・エグゼクティブアドバイザー/ファウンダー
COI-S研究リーダー 高橋  桂子 海洋研究開発機構・地球情報基盤センター長

図3

提案機関

  • 信州大学
  • HITACHI
  • TORAY
  • SHOWA DENKO
  • 独立行政法人 物質・材料研究機構
  • 長野県

参画機関(平成29年5月現在〈順不同〉)

  • 理化学研究所
  • 一般財団法人 高度情報科学技術研究機構
  • 北川工業株式会社
  • トクラス株式会社
  • 栗田工業

COI-S(サテライト拠点)

  • (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)

COI-Sの参画機関(平成29年5月現在〈順不同〉)

  • 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所
  • 学校法人中央大学