センター便り

春の足音

暖かい日が続いていましたが、昨日は雪が降りました。
松本キャンパスはまた白い雪景色になっています。

こうやって暖かい日と寒い日を繰り返しながら、段々春らしくなっていきます。
私はこのような気候を「三寒四温」と表現するのだと思っていました。
が、色々と調べてみると元は違うようです。

意味は漢字の通り「三日ほど寒い日が続いた後に四日ほどあたたかい日が続き、これを交互にくりかえす現象」(広辞苑第四版)を指しますが、「中国北部・朝鮮などで冬季にみられる」とありました。
本来は冬の気候を表す言葉で、日本では三日寒い日が続いた後に四日暖かい日が続くという現象は滅多にないそうです。

そうなんですね。。。
でも、暖かい日と寒い日が繰り返されて、春に向かって徐々に暖かくなっていく感じは、「三寒四温」という言葉が上手く言い表しているように思います。
「いい言葉があるじゃないか!」と後で使われるようになっていったのかもしれませんね。

キャンパスでも街中でも春の足音が聞こえてきています。
皆さんも身近な春を探してみてください。

春の足音 街中で見つけた蕾1
春の足音 街中で見つけた蕾2
このページの先頭へ
Copyright ©信州大学学生相談センター All rights reserved.