センター便り

コミュニケーションワークショップが開催されました

11月15日(木)に松本キャンパスにて、「コミュニケーションワークショップ~自分の考えや気持ちを伝えるヒント~」を行いました。

“コミュニケーションは苦手”と感じている人から“特に苦手ではない”という人まで、16名が参加してくれました。
多くの人が就職を意識されていたようです。
ワークショップでは、「そもそもコミュニケーションって誤解やズレが生じるもの」という話や「アサーション」というコミュニケーションの取り方について話をし、ワークに取り組んでもらいました。
参加してくださったみなさんから色々な意見を聞かせていただき、私もたくさんの刺激をいただきました。

コミュニケーションについては“きちんと言いたいことを伝えられる”、“きちんと受け答えができる”、という状態を目標にされる人も多いと思います。“きちんと”というのはどういう状態でしょう?
今回は、「伝える方は自分の思いの100%を伝えることはできないし、受け取る方も相手の伝えたいことの100%は理解することはできない」、というコミュニケーションの前提の話をしました。元々ズレがあって、少しずつズレを無くしていく、その過程がコミュニケーション、と考えると少しコミュニケーションを取るのが楽になったり、コミュニケーションへの抵抗感が減ったりするのではないでしょうか。

今回のワークショップが、参加された方にとって自分自身のコミュニケーションの取り方を振り返ったり、違う表現や考え方に触れたりする機会になり、何か新たな発見や気づきを得てくれたら良いなと思います。

今後もキャリアサポートセンターや総合健康安全センターといくつかのワークショップを展開する予定でいます。
興味のある方はご参加ください。

また、「こんな講座を受けてみたい」、「こういうことを伸ばしたい」という希望があったら教えてくださいね。

 

コーディネーター 小田

コミュニケーションワークショップが開催されました
このページの先頭へ
Copyright ©信州大学学生相談センター All rights reserved.