センター便り

"友達関係を通して"

 新入生にとっては、1カ月過ごしてきて、様々なことを感じている方も多いでしょう。 

 例えば、この時期に多い相談事の一つとして、友人関係のことがあります。"友だちができない"、"周りの子達は友人と楽しくやっているように見えるが自分は一人ぼっちだ"、、、等。新入生の皆さんは、4月から新しい友人関係に身を置き、自分を周囲と見比べて、不安になったり、安心したり、自分自身について考えてみたり、と様々なのではないでしょうか。友達が多い・少ない、一人がいいetc――人それぞれのあり方があっていいのでは?!と思う一方で、コミュニケーション力を重要視されたり、対人スキルの高さが評価されたりと、なんだか息苦しい世の中になっているようにも感じます。

 そのような人とのあり方を通じて、自分自身を知ったり、自分自身について理解を深めたりするのも、学生時代の貴重な体験です。そのような問いに、誰かと一緒に考えてみるのも時には選択肢に入れてもよいのではないでしょうか。友達とは違う相手と考えてみたい、と思った方は、近くの学内相談機関へ足を運んでみましょう。

                      

詳細を見る

つばめの巣立ち

学生相談センターがある全学教育機構南校舎の玄関先に、

5羽のひな燕が住んでいました。

親鳥が餌を運んでくると、うれしそうに

一斉に口を開ける様子がとても可愛いかったです。

学生や教職員もみんな暖かく成長を見守っていました。

ひな燕達も、巣立ちの時期を迎え、

数日前から羽をバタバタさせて、飛び立つ練習を始めていました。

そして今日、燕達は真夏の大空へ元気に飛び立って行きました。

詳細を見る
つばめの巣立ち

センター便り

最近の記事

カテゴリー別に見る

このページの先頭へ
Copyright ©信州大学学生相談センター All rights reserved.