1dayインターンシップin坂城 

将来と仕事について真剣に考える機会になりました(半年前は受験生)

将来と仕事について真剣に考える機会になりました(半年前は受験生)

9月 8日 ()、長野県坂城町の1DAYインターンシップに

1年生、15人が参加しました。

レポしてくれたのは、工学部1年(女)のM.Hさんです。

---------------------------------------------------------------

9/8の1dayインターンシップに参加させていただきました。

今までは就職など全く考えたことなく、安易な気持ちで参加しましたが、

社会人になり仕事をするということについて考えることができました。

また、今回訪れた坂城町は、今まで全く知らない町でしたが、

小さな町でもしっかりした中小企業がたくさんあり、

この町ならではの利点や強さが感じられました。

様々な企業を訪れ多くの人から話を聞く中で、

社会人は皆、自分の仕事が社会でどんな役に立っているか理解し、

仕事に誇りを持っていることが印象に残りました。

日精樹脂工業様は、射出成形機の技術を1から培ってきた自信に溢れ、

国内そして世界へも、多くの製品を輸出していて、素晴らしいと感じました。

また、竹内製作所様は、国内生産にこだわり、

高品質・高価格で商品を開発・製造することはもちろん、

社員の働きやすい環境作りにも精力的に取り組んでおり、

意識の高い良い企業だと思いました。

信州大学は1年生が参加しましたが、他校の学生はほとんどが3年生で、

話を真剣に聞き、どんどん企業の方と話していく姿に圧倒され、

私も就活の時にはこのようになるのかと、強く刺激を受けました。

社会人になる時に、社会人の生活や働くということを理解するためには、

実際に企業を訪れ、社会人と話をすることが必要不可欠だと思いました。

まだ大学生活は始まったばかりと考えていましたが、

将来について考え始める良いきっかけとなりました。

案内していただいた企業の皆様、職員の方、ありがとうございました。