キャリサポ隊ブログ #8

みなさんこんにちは、経済学部の篠原瑞貴です。

内定先は出版取次です。

僕が皆さんに伝えたいことは、「情報との付き合い方」です。

情報が溢れている現在では、ES対策の本、みんしゅう等の掲示板、業界研究の本等を利用することで、

人気企業のESや面接の内容、先輩社員の志望動機、自己PRの例文等を知ることができ、

その情報だけでESを埋めることができます。

これらの情報はとても参考になりますが、利用しすぎるのは問題があると僕は思います。

というのも、それらの情報は他の就活生も見ることができるため、

参考にしすぎるとありきたりの内容になり、ESや面接で企業の印象に残らないと思うからです。

しっかりと印象を残すためにも、ネットや本から得られる情報だけでなく、

企業説明会に参加し、社員の方の説明や会話等を通じて得た生の情報や、

これまでの人生で頑張ったことを深く掘り下げていくことで

オリジナリティーのある志望理由や自己PRを作ることが大切だと思います。

ネット情報等の組み合わせでできた量産型就活生にならずに

ホントの自分を見せれば就活はきっとうまく行きます。

自分に自信を持って就活頑張ってください!!

マスコミ就職を目指して頑張る大学生達の話です。

たまにはこんな就職関係の本を読んで息抜きしてください。

-------------------------------------------------------------------------------------

篠原君、ありがとうございました。

面接前の篠原君に話を聞く機会が何度かありました。

自分の書いたES、企画案等から人事担当者が聞いてくるだろう質問を想定し

回答を暗記することなく、言語化していました。

その秘訣など、ぜひ聞いてみてください!