奨学金

信州大学独自の奨学金のほか、日本学生支援機構や地方公共団体、民間の育英団体等から、貸与 (返済の必要があるもの) 又は給付 (返済の必要がないもの) される奨学金があります。


■信州大学独自の奨学金
入学前に入学時に必要な学資の一部を奨学金として給付します。

 ・ 他の奨学金との併給が可能です。
 ・ 採用者数:25人程度


奨学金名 給付額 給付時期
信州大学入学
サポート奨学金
400,000円 3月下旬

申請対象者は次のいずれにも該当される方です。
(1)日本の高等学校又は中等教育学校を卒業見込みの方。
(2)本学の一般入試(前期日程)に出願を予定し、合格した場合には、入学することを確約できる方。
(3)世帯の前年度の収入の合計が400万円以下(所得の場合は200万円以下)である方。


信州大学入学サポート奨学金については、以下のリンク先をご覧ください。
http://www.shinshu-u.ac.jp/campus_life/studentsupport/scholarship/kikin.html


■日本学生支援機構の奨学金

種 類 月額 (学部生) 申請方法 備 考
自宅通学 自宅外通学
第一種奨学金
(貸与)
20,000円、
30,000円、
45,000円
から選択

20,000円、
30,000円、
40,000円、
45,000円、
51,000円
から選択
 
予約採用
在学採用
無利子
第二種奨学金
(貸与)

30,000円、 50,000円、
80,000円、100,000円、
120,000円から選択
 
有利子
給付奨学金 20,000円 30,000円 予約採用のみ
返済不要
授業料減免を受ける
場合は月額の減額あり
 

※ 第一種奨学金の20,000円と40,000円は平成30年度入学者から選択可能(編入学生除く)


予約採用:在籍する学校を通して手続きを行います。詳細は在籍する学校に確認してください。

在学採用:大学入学後に手続きを行います。入学式の前日に説明会を行いますので、出席してください。詳細は合格後にお送りする案内を確認してください。


■地方自治体、民間育英団体などの奨学金
給付 (返済の必要がないもの) または貸与 (返済の必要があるもの) の奨学金があります。申請手続は入学後となります。

          

給付奨学金の例

奨学金名 給付月額 給付期間
中村積善会 30,000円 採用 ~ 最短修業年限
小林育英会 25,000円 採用 ~ 最短修業年限
日揮・実吉奨学会 300,000円 1回限り


奨学金についての詳細は、以下のリンク先をご覧ください。
http://www.shinshu-u.ac.jp/campus_life/studentsupport/scholarship/guidance.html